四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

レーシック難民になるのが嫌でも、40歳のオヤジが手術に踏み切った件

皆さん、お元気ですか。

メガネとコンタクトレンズをゴミ箱へ投入した、オヤジボーンです。

 

レーシック手術を40歳で受けました。

 

初めてレーシックを知ったのが、20年ぐらい前でした。

20年も悩み抜いた結果、手術した経過を書きたいと思います。

40歳のおじさんが手術して大丈夫だったのか、気になる方は読んで見てください。

 

 

 

レーシックのリスクについて

 

レーシック手術後に目の病気になってしまった、後遺症が出てしまった。という悲しい声を見聞きしたことがあります。

周りの知り合いも、手術を受けた人がいますが、それって後遺症じゃないの? と思ってしまう症状が出ている人もいます。

 

重症な方々は、レーシック難民という言葉が生まれてしまうぐらいです。

 

視力を良くしたいからなのか、視力が良くなりすぎる過矯正。

このことにより、頭痛がしたり、吐き気だったりと、普段の生活がままならないという話もあるようです。目が悪くない人が、度のきついメガネをずっとしている状態のようなものです。

 

手術の時にフラップという蓋を作って、それを塞ぐためその中に菌が入る感染症

フラップを作り出す背術をする以上、感染症の病気のリスクからは逃れられません。

 

再手術もできないし、失敗したらゲームオーバーな手術。こんなリスクのある手術を受けることができませんでした。

後遺症が出るのと、メガネやコンタクトレンズをしていた方がずっといいなと思っていました。

 

レーシックをなぜ受けたかったか

 

メガネやコンタクトレンズって煩わしい。

コンタクトレンズは、使い捨てであれば定期的に購入する必要があります。

 

普段コンタクトをしていますが、花粉が飛ぶ時期になるとコンタクトに花粉がつくのか、目のかゆみが尋常ではなくなります。

朝起きる時に、目やにが出すぎてまぶたがくっついて、目が開かなくなったことがあるぐらい、花粉症に悩まされていました。

 

サーフィンをするときもコンタクトレンズをしていました。

取れるなんてことは日常茶飯事。

レーシックを受けた友人とサーフィンに行くのですが、行くたびにレーシックを勧められました。

 

メリットとデメリットを比較する日々が続きました。

で、結果やめておこう、となるのです。

リスクが大きすぎると。

 

レーシック手術に踏み切った理由

 

視力回復したい気持ちをずっと持ち続けていたので、レーシックだけではなく、他の方法で視力が良くなる方法はないかなと、常に探していました。

 

あるとき安全で高齢でも手術が受けられて、再手術も可能なレーシック手術があるというホームページを発見したのです。

 

これは、受けるしかない。

 

その病院は、奥ノ山医院と言って東京にある病院でした。

北海道に住んでいる、オヤジボーン。東京か・・・と諦めていました。

 

マイルが貯まりに貯まっていました。

どこかに行こうかなあ、と呑気に考えていました。

 

はっ! 東京に行こう!

 

 

手術費用をどうするか

 手術をするぞと決めたのはいいですが、手術費用が両目で30万円。

 

そんなに貧乏ではないですが、裕福でもない。

 貯金やら、月々のお小遣いから捻出して何とかできました。

 

目が悪いほど手術費用が高いです。

私は、両目とも-4.75Dでしたので中程度の近視でした。

 

レーシック手術

先生から、そんなに度を強くしないでいきましょうと言われました。

というのも、老眼になるリスクがあるということでした。

 

遠くがよく見えて近くが見えなくなって、老眼鏡をかけることになっては、結局メガネとの生活から離れられないことになります。

 

それよりも、普段の生活する中でみえることを重視。

 

その結果、両目ともに0.7ぐらいに落ち着いています。

とても満足しています。

 

手術自体は、とてもあっけなく終わります。

目を見開いて、赤く光っている点を見つめているだけです。

5分もかかっていないのかなあと思います。

 

ただ、片目ずつやりました。

ですので、東京に2週間後にまた行くという。

旅費も結構かかってしまいましたが、今は後悔することもありません。

快適な生活を手に入れましたので。

 

切らないレーシックのデメリットとして、術後に痛みが出ます。

涙もたくさん出ますが、処方される目薬ですぐに治りますので、そんなに気にするほどでもありませんでした。

不正乱視が術後の3ヶ月ぐらいはすごくて、車の運転はちょっと厳しかったです。

 

サーフィンもボクシングもできて、本当に手術してよかったです。

近視が強い方は、再手術の必要があり、私が手術した日にもう一人の方は、再手術に北方でした。

普段からパソコンをする仕事で、視力の回復も遅れていたとのことでした。

 

もしレーシックを迷っている方は、切らないレーシックも候補にしてみてください。