四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

角膜が薄い、強度近視、アキラメナイで! レーシックで視力を取り戻した40歳のおっさんより。

パソコンモニターの光で日光浴。どうもオヤジボーンです。

 

私は40歳の時にレーシック手術を受けました。

平成28年の10月下旬から11月中旬のことです。

 

約8ヶ月(平成29年7月 現在)を経過して、ようやく視力が落ち着いてきたかなと感じています。

 

私の受けた手術は、巷でのレーシックとは少し違います。

フラップレスレーシックといわれるもので、メスを使わないレーザーのみの手術になります。

 

手術から現在までの体験を書いていきたいと思います。

これからレーシックを受けようと検討している人、レーシックに興味のある人は読んでみてください。

 

まずは、私の目のデータ。

中度近視 左右ともに−4.75D(裸眼視力0.05)

眼軸長 右26.47mm 左26.39mm

近視ではない人の眼軸長は24mmぐらいとのことです。だいぶ伸びてる。

 

思春期(成長期)に目が悪くなった人は、眼軸長が伸びることが原因かもしれません。

 

私なんて、確実にそう。誰だ、ゲームのしすぎって言ってたのはー! 

 

 

 

強度の近視でも角膜が薄くてもレーシックを受けることができる。

 レーシックを受ける時の事前の検査で、強度の近視の方や角膜が薄くて手術ができない人もいると聞きます。

 

私の知人も検査した結果、角膜が薄くて手術できず、高齢になってしまい諦めた方がいます。

 

普通のレーシックは角膜のフラップの必要な厚さが必要ですが、フラップレスレーシックは、フラップの必要がありません。

必要がない分の厚さを削ることができるので、手術可能となります。

 

−10Dの時に手術する場合、150μ(マイクロ)分を蒸発させます。

レーシックですとフタ部分で160μになりますので、その差は歴然。

 

再手術可能

 レーザーで蒸発させた角膜は、1年後に回復します。

もし、強度近視で、視力の回復をもう少し望むのであれば、再度手術をすることも可能。

 

中度の近視の方も、再手術が可能です。再手術する時は、もちろん費用がかかってしまいます。

年齢や生活環境に合わせて、過矯正にならないような目標視力を医師とじっくり相談しましょう。

 

過矯正によって遠視になるデメリットがありますので、その辺は注意したいところです。 

 

私の場合は、年齢が40歳ということもあり、老眼を早めてしまう危険がありました。

2.0を目標にしてしまうと、確実に遠視になりそうでしたので、再手術を覚悟の上、あまり視力を良くならないように手術をしてもらいました。

結果、両眼ともに0.7ぐらいに落ち着いています。

 

手術後のデメリット

麻酔が切れた時に涙がちょちょぎれます。

 

手術は片目ずつ行いました。

まず左目を手術して、2週間後に右目を手術しました。

 

手術直後は視力の回復は見込めません。保護のためのコンタクトレンズが、遠視のコンタクトのためもあると思います。

コンタクトを1週間つけて目を保護しますが、ずっとぼやけた状態ですので、車の運転も片目でする状態で危険です。

 

事前の検査の時に両目を希望していた自分が恐ろしい。 

 

コンタクトを外した後の感動は、今でも忘れられません。

1.0ぐらい見えました。

 

右目に関しては

1.5です!

 

やったー!

 

視力は良くなったのですが、夜間の車のライトがグレアと呼ばれる現象で眩しく、運転はできる状態ではありませんでした。

 

それも日を追うごとになくなるのですが。

 

視力の変化

そんな驚異的な視力を手に入れた私ですが、スマホを見たりテレビを見たり、油断していました。

 

目を酷使するんじゃない!

 

徐々に視力が悪くなっていったのです。

 

右目のコンタクトを外して1週間ぐらい経った頃に左目の視力を測ってみると、

 

あれ・・・

 

0.1。

 

めっちゃ悪くなっとるやないけー!

 

あー、再手術決定だーと、泣きそうになりました。

 

医師に相談すると、

「目を酷使するのは良くないです。手術後の3ヶ月は酷使してはダメですよ」

 

はい、すいません。酷使していました。良くなったと思って油断してしまいました。

 

 

3Dのマジカルアイとは違う、目の体操

術後1ヶ月ぐらいすると、視力が悪くなる現象は普通にあるようで、そこからまた回復すると聞きました。

再手術しなくていいかも。

 

目が悪くなっていたんですけど、希望の光は、はっきりと見えました!

 

目の体操もした方がいいと医師に言われたので、いざ。

 

やり方は、近くのものを30秒見て、遠くのものを30秒見てを繰り返します。

それを5分から始めて、一日1分ずつ延長し15分になったらそれを続けます。

 

それで、なんとか回復しました。1.0までいけたら嬉しいんですけど、今現在で0.7ぐらいです。

 

車の免許で眼鏡等が入らなくなるかのボーダーライン。

 

とりあえず、普段の生活では全く支障がなく、ルンルン気分でコンタクトと眼鏡から抜け出した生活を楽しんでいます。

 

 手術をした病院

家族にも勧めたい治療がコンセプトの奥ノ山委員で手術を受けました。

 

レーシック 世田谷区 レーザー近視手術:奥ノ山医院(旧 参宮橋アイクリニック) 東京 三軒茶屋

 

病院自体は個人の住宅の少し大きくしたような感じで、想像していた病院とは違いました。先生やスタッフの方は、とても優しくフレンドリーな方達でした。

 

検査でまた来院する予定です。

 

その時は、東京観光もしてきたいな。

 

それでは、レーシック手術記事でした。何か書き忘れているような気もしますが、またその時は、記事にすればいっか。

 

で、レーシックについて聞きたいことがあれば、質問してください。

まあ、病院に聞くのが一番ですけど、私も答えられる範囲でお答えします。

 

読んでいただき、ありがとうございました。