四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

子育て中のイライラママ必見! 大人の小さな嘘を子供はどう感じてる?

育児って難しいですよね。

どんどんと成長していって、あの時こうしとけば・・・

そんな後悔しないようにして欲しいです。

 

 

大人は子供に簡単に嘘をつきますよね。

 

早く寝ないと、お化けが出てくる。

悪いことをしていると、警察に捕まる。

(店で走り回っている子に)店員さんがおこっているからやめなさい。

 

子供を静かにさせたりするため、こんな小さな嘘をついていませんか。

この嘘は、子供は敏感に感じ取っています。

 

早く寝ないと必ずお化けが出てきたら、たまったものじゃありません。

子供の悪い行為で警察が動いていては、何人の警察官が必要になるでしょう?

店員さんは怒ってなんかいない場合が多いですよ。子供ですし大目に見てくれています。(そうではない時もあるでしょうが・・・)

 

なぜこのような嘘をつくのでしょうか?

 

それは、コントロールしたいから。

 

犬とかのペットじゃないんですから、コントロールしようと思うことがどうかなと思いますが、どうしても、対子供と考えると上下関係を意識してしまうのではないでしょうか?

 

大人が上で、子供が下。

 

ちょっとやんちゃな子でしたら、これに挑んできて、わざと嘘に立ち向かおうとしてきます。

大人と対等なんだ、大人と同じなんだって。

 

嘘だって証明したいのかもしれませんね。

 

両親やおじいちゃん、おばあちゃんは、子供に色々と教える立場でもあるので、どうしても上から目線になってしまいます。

 

偉いね〜。よくできたね〜。

 

私は子供にこのような言葉を使いません。

 

 

と偉そうに言っていますが、私に子供はいません。

自分の子供がいないからこそ、そう言えるのかもしれませんが。

 

子供と全くふれあいがないのに、そのようなことを言っているのかといえば、そう言うことでもないんです。

甥っ子が3人と姪っ子1人がいて、一緒に遊ぶのが大好きです。

年齢は幼稚園児から小学生まで。

 

甥っ子と姪っ子のことは大好きで、甥っ子も姪っ子も私のことが大好きなんだろうと思っています。

とても慕われていると実感しています。

それは、一人の人間として付き合っているから。

 

そして、コントロールするための嘘はつかない。上下の意識もないので、褒めるような言葉も使いません。

 

友達から、偉いね〜。よくできたね〜。

 

そんな風に言われて嬉しいですか?

なんでそんなに上から目線で、偉そうに。って私なら思ってしまいます。

 

子供を褒めることは良いことだという文化がありますが、子供のためにもよくありません。褒めて伸ばそう、みたいな。

 

少し極端な話をしますが、褒められないと何もやる気が出ない子になったり、承認欲求を常に求めるような人間になってしまうかもしれません。

 

子供たちに良いことをした行動を強化して欲しいと願うのは、両親だと当然の願望だと思います。

 

褒める方法しかないのでは、と思いがちですが、褒める以外の簡単な方法があります。

 

それは、感情を伝える。

 

ただ感謝するだけで、十分な時もあります。

ありがとう、と。

 

あとは、

おもちゃを片付けてくれたんだ、嬉しいな。とか、片付ける子のことを好きだよとか。

プラスの感情を伝えるだけで、とても喜んでくれます。

 

当然ここでも、嘘をついてはいけません。

片付けて欲しかった時に片付けてくれたのですから、単純に嬉しかったはずです。

これは、コントロールするための感情ではなく、自然に出てきた感情だと思います。

 

あくまでも対等の付き合いですから、都合が悪い時に遊んで欲しいと、せがまれる時もあります。

 

そんな時も正直に言います。

「今日は、遊ぶ気分じゃないんだ。こめんね」

 

甥っ子たちは、それ以上、何も言ってきません。

じゃあまた今度遊ぼうね。で終わりです。普段から嘘をついていないので。

 

これが嘘をついていると、いつなら遊べるのとか、どうしてーと泣きついてきたりするのではないでしょうか?

 

それは、嘘を見抜いているからかもしれません。

 

小さな嘘をやめてみてください。

 

育児を頑張っているママに少しでも役立ててたら嬉しいです。

 

 

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気