四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

天邪鬼に取り憑かれて 〜ポケモンGOが国内配信から1年〜

 私は、天邪鬼に取り憑かれているかもしれない。

 

 学校の絵画コンクールで、教室から出て絵の題材を探していた時のことである。

 みんなのスケッチブックを覗くと、校舎を描いていたり、グラウンドの体育館をいていたり、9割方が建物をいていた。

 建物を選ぶ理由は、その時にちょうど習った遠近法というテクニックを使いやすいからだろう。先生も校舎をくものと決めつけている感もあった。

 みんなのスケッチブックを見て回った後、天邪鬼が私の心を支配する。

 

 校舎をく気ではあるまいな。

 

 当たり前じゃないですか、天邪鬼の兄貴。

 

 そうして、私は校門のそばにあった柳の木をき上げた。

 

 目立ちたいとか、特別でありたいという感情ではない。

 何かみんなと同じでは、気持ちが悪いのだ。

 

 ビックリマンチョコが流行っていた時期があった。箱買いする強者もいたりして、問題になったりした。

 そんな中、私はまた天邪鬼の兄貴に支配されていた。

 何枚か集めただけで、やめてしまったのだ。 

 

 みんなと同じ行動をするのが、気持ちが悪くなったのだ。

 

 ポケモンGOが配信されて今日の7月22日で1年が経過したそうだ。

www.sankei.com

 

 私は、ポケモン世代ではないし、ポケモンの知識といえばピカチュウぐらいだった。

 しかし、1年前に海外でポケモンGOというゲームが流行っているとのニュースを見た。

 

 街の中にポケモンがいて、それをGETできる。楽しそうと思って、ダウンロードして遊んだ。

 近所のポケストップを巡るのに、自転車に乗ったり、散歩したりもした。

 ジムバトルで公園を巡ったりもして、一通り楽しみ、ポケモンの巣と呼ばれるところにも、何度か足を運んだ。レアなポケモンもGETした。

 

 歩きスマホをして必死に歩いている人がいたり、ポケモンGOをやりながら、車の運転をしていたことが原因であろう事故も目撃した。

 

 で、結果ポケモンGOもみんながやっている姿を見て、やめてしまった。

 

 天邪鬼の兄貴お久しぶりです。

 大人になってから、兄貴に再会できるとは。

 最近は子供にとても人気じゃないですか?

  

 

 

 妖怪あまのじゃく

 

 妖怪ウォッチの妖怪である。

 

 こいつに取り憑かれると、何事も素直に受け入れられない、あまのじゃくな人間になってしまうらしい。

 

 完全に取り憑かれているかもしれない。

 

 

 

 この天邪鬼は、一体なんなのだろうか?

 種の保存のための本能的なものなのか。

 

 少し大げさかもしれないが、生物界では多種多様な特性を持っていた方が、生き残れる可能性が高い。私の何かがそれを感じ取っているのかもしれない。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございます。