四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

24時間マラソンランナー忘れていたけど、気にはなる。24時間テレビ40回目2017年

 お盆の時期が近づいて来ましたね。

 みなさんは、実家に帰省したりする準備はできましたか?

 

 私のお盆は、例年変わらず、家で過ごす。

 どこへ出かけても混んでいるだけですし、そもそも実家は目と鼻の先。

 

 帰省ラッシュの報道を見ては、「へー、大変だなあ」と完全に他人事。

 

 テレビをボケっと眺めていることもしばしばで、そんな時にテレビに映し出される痛々しく苦しそうな姿。

 

 長距離を走っていたり、殴り合ったり。

 

 日本人って、お正月やお盆などの行事ごとでは、辛い人を見るのが好きな民族だと思う。

 大晦日も最近では少なくなったものの、格闘技やボクシングを流すテレビ局がある。

 

 お正月は、駅伝。お盆は24時間マラソン。

 

 何か、ひたむきに頑張っている姿を見るのが好きなのか。

 

 それとも他の感情に突き動かされているのか。

 

 我が家では、親族が集まった時に、テレビがなんとなく点いている。

 まあ、特別いつも顔を合わせているし、近況を報告することもない。

 正月であれば、駅伝がテレビに映っていたり、24時間テレビのマラソンが映っていたりする。

 

 誰も真剣に見ているものはいないのだが、24時間マラソンは、少し気になるようで、DAIGOはは大丈夫かな、とか、たい平さんは走りきれるのかなとか。そんな話題が茶の間で展開される。

 

 

 で、今年はまだ発表されていない。

headlines.yahoo.co.jp

 24時間マラソンのランナーは近年はほとんど5月中に発表されている。過去5年はすべて日テレの番組内でサプライズ発表の形をとっており、2016年の林家たい平が5月29日、15年のDAIGOが5月26日、14年のTOKIO・城島茂が5月18日、13年の森三中・大島美幸が5月12日、12年の佐々木健介・北斗晶ファミリーが6月2日に決定を公にしている。

 15回目に間寛平さんが200kmに挑戦したのが、1992年。

 18回目には600km。阪神・淡路大震災がありましたからね。神戸から東京まで、1週間かけて走った寛平さんに改めて、拍手。

 

 今年も一年色々とありましたから、人選が難しいのかもしれませんね。 

 

 あまり発表が遅れてしまうと、練習する時間がなくて、走る人は相当苦労しそうですよね。

 遅らせているのは、演出かもという声もあり、もうそろそろ違う企画もという声もあり。

オファーしている芸能人にことごとく断られている、という可能性もありますよね。

 若手のお笑い芸人では、話題にならなそうですし、練習時間がたっぷりあって、きっちり走ってしまいそうですしね。

 全国から、走りたい人を募集して、その人たちを全員走らせるってのは、どうでしょう?

 何人になるかわかりませんが、全員を紹介したりして。

 そのうちの数人は、ドラマチックな何かを持っているかもしれませんし、若手芸人も名乗りをあげて、一旗上げることもできるかもしれません。

 

 どうですか、大久保社長。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。