四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

FXデモトレード開始

何事も練習が必要です。

FXもデモトレードという練習できる環境があります。

 

デモトレードがうまくいかない限りは、本番もうまくいくはずがありません。

 

デモトレードができる業者は

 

GMOクリック証券やDMM、ヒロセなんかがあります。

 

その中でも、ヒロセのデモトレードが良さそうです。

 

私はアップルのパソコンを使っていますが、デモトレードのアプリがあります。

これをダウンロードして、デモトレードの申し込みをすればすぐにできました。

 

もちろん無料です。

 

早速デモトレードを開始しています。

 

他の業者のデモトレードもしてみて、自分が操作しやすいものにしたいです。

 

チャートの見易さだったり、注文のし易さだったり、色々と試したいです。

 

  

デモトレードの感想

デモトレードをしてみての感想です。

 

損切りと利益確定が難しい

デモトレードをする時に、ルールを決めました。

 

損切りが、−10

利益確定が、+10

 

最初は順調に損切りも利益確定もできていました。

きっちり、上下に10動けば決済できていました。

 

が、そのうちになぜか自分の考えが邪魔してきます。

 

「もう少し待てば、まだ上に行くんじゃないか」

「下がっても、また復活するんじゃないか」

 

 で、結局損切りできずにアレヨアレヨと−20、−30・・・

 

「やばい・・・」

 

そんなことを数回繰り返しました。

 

で、どのような心境になったかというと、

 

「さっきのマイナス分を取り返してやる!」

 

で、利益確定は+10のはずが、+30以上を狙ってしまいました。

 

そんなにあがる機会は滅多にないようで、+20まで一旦上がったものの、

そこから一気に急落して、−10・・・

 

またプラスになるだろうと、願っていても、相場は冷たいです。

−10、−20、−30・・・

 

で、ルールなんて無視です。

今、この記事を書きながら、なぜあんな風になってしまったのか理解できません。

 

その後も続きます。どうなったかというと。

 

「掛け金をあげて、マイナス分を取り返そう」

 

で、結果はみなさんの想像にお任せします。

 

損切りと利益確定、難しいです。

 

マイナスになった時の気持ち

マイナスになると、恐怖と悔しさが襲ってきます。

リアルなお金をかけているわけではないんですけどね。

 

私、デモとはいえ、マイナスになるのが悔しいようです。

負けず嫌いなのかもしれません。

デモトレードで、自分の中に今まで見たことがない感情があるのを発見しました。

 

怒りだったり、恐怖だったり、悔しさだったり。

あれ、気づけばマイナス面ばっかりですね。

 

マイナスになった時の感情を知ったことも大きな経験でした。

実際のトレードで、マイナスになれば、リアルマネーが減っていきます。

その時に、どんな気持ちになるかはわかりませんが、デモとはいえ経験できていることは大きいです。

 

まとめ

 

トレード自体すごく楽しです。

エントリーの手法のアイデアが浮かんだときは、すごくワクワクします。

それが、成功したときは、もっとワクワクします。

 

これを続けていければ最高だと感じています。