四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

FXの投資する方法をどうするか。デイトレ? スイング? スキャル?

FXの投資方法はいろいろあるようです。

 

デイトレード

スイングトレード

スキャルピング

 

で、今はデモトレードをしています。

 

デモトレードをしている目的は、実際の取引でうまく行くため。

投資する機会が少ないと取引自体を経験することが少なくなります。

 

ですので、スキャルピングをしていきたいと思います。

 

スキャルピングについて

スキャルピングは、難しいとのことです。

理由としては、スキャルピングは、勝つか負けるか50対50であり、投資機会が増えるほど破産する確率が上がるとのこと。

他にも、取引手数料がたくさんかかる、ルールを守らなければ、必ず負ける。

 

というような声がありました。

 

ただ、取引する回数が多いのと、自分でルールを作る必要があるとのことなので、この辺は願ったり叶ったりです。

 

スキャルピングをうまくできるようになれば、デイトレードもスイングトレードもうまくなるようです。

 

取引回数がお多いので、手数料がかかるという話は、とても大事だと感じました。

 

いろいろとFX業者を見てみると、ほとんどの業者がすごく低いスプレッドでした。

ドル円で0.3というのが一般的な感じで、それ以上の業者を使わなければ大丈夫そうです。

 

ただ、値動きがすごくある時に、買った瞬間に「ー15」と出て驚いた時があります。

 

値動きが激しく動く時に、スプレッドが大きくなるようで、それを気づかなかった自分が悪いのですが、今後は気をつけようと思いました。

 

もし、ルールで-10で損切りであれば、エントリーした瞬間に損切りラインを突破していることになります。

 

あとは、スキャルピングを禁止している業者もいるようですので、そちらも気をつけたいですね。

 

スキャルピングをしてみて

 

めっちゃ目が疲れます。

めっちゃ集中力を使います。

 

取引をする時間も大事ですね。

 

日本時間の9時から15時までは、あまり動きがなくて取引回数が少なくなります。

取引するポイントがないのに、ずっと画面を見ている辛さはなかなかのものです。

 

最初の頃は練習になりましたが、今は17時以降の方が取引をしやすいように感じます。

 

チャートから目が離せないので、来客や電話、家族から話しかけられても無視するようにしています。

というより、取引に集中したいからと家族には伝えておいた方がいいですね。

 

私も嫁に話しかけられて、取引のタイミングを逃すということがありました。

 

来客も電話もありましたが、電話に出てもチャートも電話もどちらも中途半端になってしまいました。

 

来客なんて絶対に無理です。

画面から離れた瞬間に、相場がすごく動いた場合に対処できません。

 

相場が大きく動いた時に、パソコンがダウンして、電源が切れたことがありました。

デモだったからよかったものの、本番でしたらパニックだったでしょうね。

 

それからは、携帯電話にもアプリを入れて対応できるようにしています。