四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

FX投資の移動平均線を理解する。

FXのチャートを見ていて、ローソク足の上とかしたとかに線が入っています。

 

ぐにゃぐにゃしていて邪魔くさい。

なんなんだこの線は、と思っていました。

 

が、この線は非常に重要な線でした。

 

移動平均線。

 

FXでの相場の状況を、移動平均線の傾きを見て判断するようです。

上昇、上昇率加速、上昇率減速。

下降、下降率加速、下降率減速。

 

上昇トレンドと下降トレンドを判断して、その強さもわかるという優れたものです。

 

邪魔臭いなんて言ったのは、誰だ!

 

で、移動平均線は遅行性があるという特徴と、期間の長い移動平均線ほどピークをつける時期が遅くなるようです。

 

 

 

 

ローソク足と移動平均線の場所について

上昇トレンドの場合は、上からローソク足、移動平均線(短期)、移動平均線(長期)というポジションになり、下降トレンドは、下からローソク足、移動平均線(短期)、移動平均線(長期)という具合になります。

 

上昇トレンドの時は、買いが有利で、下降トレンドの時は、売りが有利。

 

まあ、当たり前ですね。

 

為替相場は、安いところで買って、高いところで売るのが勝つポイントです。

 

FXで勝つためには、

 

上(下)に動き出すポイント

 

が非常に大事だと思います。

 

これがわかれば、安いところで買う、高いところで売ることができます。

 

ローソク足と移動平均線の位置を意識してトレードしたいですね。

 

移動平均線を使ったもので、エンベロープやボリンジャーバンド、グランビルの法則なんてものがあるようで。

 

グランビルの法則は抑えておこうと、今勉強中です。

買いシグナルと売りシグナルを取り入れて取引をしています。

 

その中で、移動平均線とローソク足の乖離によるシグナルがあります。

そのシグナルだけは、私には合わなそうなので、やめます。

 

他のシグナルは、移動平均線の傾きが上むきなら買いですし、下向きなら売りですので、非常にわかりやすいシグナルと感じました。

 

グランビルの法則でエントリーして、今のところはうまくいっています。

これは、使えますね。

 

動き出すポイントで売買できています。

 

順張りと逆張りについて

初心者は、順張りがいいと進めているのを見かけます。

 

順張りは移動平均線に沿って買っていくもので、上昇トレンドでは買い、下降トレンドでは売りを入れていきます。

 

逆張りは、下降していったローソク足を下がりきったところで買う。

下降トレンド中に買いを言えるというのは、とても勇気のいることかと思います。

 

ただ、安いところで買うということを考えれば、一番勝ちやすいかもしれません。

 

価格が止まるポイントがわかれば、の話。

 

 

価格の止まるポイントをわかる方法はあるのでしょうか?

 

私は今のところ、そのポイントが全くわかりません。

 

逆張りが炸裂すれば、利益はかなりのものになりそうなんですけど・・・

 

 

まとめ

移動平均線をマスターすることで、取引の勝率を上げることができると、確信しています。

 

今のトレンドを見るにも使えて、動き出すポイントもわかる移動平均線を今後も勉強していきたいです。