四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

お金と成功は忘れる。

 テレビはあまり見ないのだが、セレブの自宅を見に行ったり、生活ぶりを見たりする番組がある。

 

 羨ましい。そう思ってしまう。

 

 今の自分と比較すると、どう頑張ってみてもあのような生活はできない。

 

 ブランド品を身につけて、広いリビングには大型テレビに立派な家具。

 

 我が家は、32型のテレビに、お値段以上それ以上のニトリの家具が揃っている。

 

 あんなセレブになってみたい。

 

 そんな想いとは裏腹に、ワーキングプアーの特集や、貧困に関するテレビ番組もある。

 

 それを見ると、なんか可哀想。とか、同情してしまう自分と、何かセレブにはなれないけど、この人たちよりはいいかも。

 

 そんな情けない考えをしてしまう。

 そんな考え方をするのは、私だけかもしれない。

 

 最近は、自分のことを見つめ直している。

 40歳という年齢を迎えたからだ。

 

 今までの生き方に疑問を感じてはいたものの、それが何かははっきりと掴めなかった。

 

 最近になって、誰か他人の望むように生きてきたのではないかと考えている。

 

 成人になる前は、親や大人が喜ぶようなことをしたり、社会人になってからは、会社の意向に沿うように、上司の指示に従うというように。

 

 そんな中で、目指すなら、幸せで自由なお金持ちになろうと思い立ったのだ。

 

 今までは、お金のことを心配するあまり、好きなことをできないで、給料をもらうために仕事をしてきた。

 

 私の場合、仕事をするということは、お金のためである。

 

 その考え方を捨てよう。

 

 だが、なかなかお金を捨てきることはできない。

 今までの生活からの急激な変化は良くないと思う。

 

 少しずつ変化して、お金のことを忘れていこう。

 

 

 次に、成功だ。

 

 セレブを成功とすると、貧乏は失敗。

 

 当然、成功を望んでしまう。

 

 だが、セレブはみんなが幸せなのだろうか。はたから見て、貧困の人が不幸せと決めつけるのも良くない気がする。

 

 貧困だと思っているのは、あくまでも、私の価値観なのである。

 そんな人たちは、自由で、自分の好きなことをしていたら・・・

 捻じ曲がった価値観を持ってしまったものだ。自分でも呆れてしまう。

 

 成功とはなんなんだろうか?

 

 そんな捻じ曲がった価値観を与えるような、成功という概念もいらん!

 

 お金成功よ、さらば!

 

 私は、あなたたちのことを忘れることにした。