四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

グランビルの法則を使ったFXトレード(H29.8.23)。待つことが嫌い。でも損をするのがもっと嫌い。

ドル円のFXですが、グランビルの法則でエントリーしています。

 

徹底して実践することができれば、負ける確率が減り、優位性(エッジ)を高めることができます。

 

グランビルの法則は、買いの法則が4つ、売りの法則が4つあります。

 

グランビルの法則 | 日本証券業協会のページを参考にさせていただきました。

 

f:id:o8g:20170824062700p:plain

買い信号
A:移動平均線が長期間下落ないし横ばいで推移した後に上昇に転じ、株価がその移動平均線を下から上へ突き抜けるときは、重要な買い信号。
B:株価が移動平均線を下回ってきた場合でも、移動平均線が上昇中のときは、一時的な調整と見て押し目買い信号。
C:移動平均線の上方にある株価が足踏み状態のまま、上昇中の移動平均線に近づいてきたが、移動平均線を割り込むことなく再び上昇したときは、買い乗せ局面の信号。
D:下向きになっている移動平均線よりも、さらに株価が大きくかけ離れて下落した場合、すなわち下降中の移動平均線との下方乖離が大きくなった場合は、自律反発する可能性が高い。

売り信号
E:上昇してきた移動平均線が横ばい、または下落に転じた場合、株価が移動平均線を上から下へ割り込むと、売りの第1段階。
F:下降中の移動平均線を株価が下から上に突き抜けても移動平均線の下落が続いているときは、戻り売り。
G:移動平均線を下回っている株価がもちあいのまま、あるいは一時的に上昇し下落中の移動平均線に接近してきたものの、移動平均線を上回れずに再度下落に転じた場合は、売り乗せ信号。
H:上昇中の移動平均線から株価が大きく上に離れ過ぎた場合、つまり上昇中の移動平均線と上方乖離が大きくなった場合、株価は高値警戒感から自律反落する公算が大きい。

 

この中で、DとHは止まるポイントをどう捉えればいいか。

今の私には難しいです。

 

BとF、CとGであれば、移動平均線という指標がありますので、わかりやすくエントリーできます。

 

ポイントとしては、上昇中と下降中、トレンドが発生中ということ。

 

先日のトレードで、トレンドが発生していない中、エントリーして失敗しました。

f:id:o8g:20170824063514p:plain

 

移動平均線が水平で、上昇も下降もしていません。

今、あらためて見てみると、なんてところでエントリーしているのでしょうか。

完全に失敗です。

 

短期の移動平均線では、信頼性があまりないし、トレンドも発生していないです。

 

中期の移動平均線は上昇はしているようで、9時30分の下ヒゲが近づいたところでエントリーできれば、その後上昇しています。

 

もっとはっきりとしたシグナルが出るまで、エントリーするのは控えたいと思います。 

 

私は、待つことが得意ではありませんが、

それ以上に損をすることが、大嫌いなので、

待つことを徹底したいです。

 

損をしないためにも、グランビルの法則の信号が出るまで待ち続けたい。

 

 読んでいただき、ありがとうございました。