四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。MEC食、FXトレード、アフィリエイト、読書、エッセイ、時に妄想!

大相撲秋場所は、3横綱が休場でどうなるかわからないことに!

大相撲秋場所、3横綱が休場になった。

初日から3横綱が休場するのは、昭和以降初めてのこと。

 

そんな中、初日の取り組みが発表された。

headlines.yahoo.co.jp

秋場所で、唯一出場する日馬富士は、小結の栃煌山。

結婚も決めて、返り三役も決めて、横綱戦も決めることになるかもしれない。

 

対戦成績は、栃煌山の8勝25敗と大きく負け越しているが、調子がいい時の大関候補と期待されていた、栃煌山に戻っていれば、面白い結果になるかもしれない。

 

日馬富士も決して初日が得意の方ではないし、秋場所は、横綱が日馬富士だけ。

プレッシャーを感じることであろう。

 

初日のこの対戦が、秋場所を占う上で、大切な一番となる気がする。

栃煌山に大いに期待したい。

 

カド番大関の豪栄道は、初日に琴奨菊。

琴奨菊は、ピークが過ぎ去っていることは否めない。

昨年の秋場所に同じくカド番だった豪栄道。

そこからの全勝優勝であったが、今回もその再現ができるか、こちらも初日の一番が重要であろう。

ここで勝って弾みをつけたいところだ。

 

個人的には、嘉風や宇良にも注目しているが、優勝となると力不足か。

 

だが、今場所はどうなるかわからない。

 

結果、日馬富士の独壇場だった、という結果もありえなくもない。

横綱以外の力士が星を取り合うパターンである。

 

そのような結果が一番妥当だろう。

 

が、もつれにももつれるか、平幕から調子のいい力士が出てくるか、大関が意地を見せるか。

 

今場所ほど、どうなるかわからない場所も最近ではなかったように思う。

 

10日からの開催が待ち遠しい。

 

過去記事もみてください。 

www.oyajiborn.info