四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

我が家のスティック型掃除機のデメリット。5年前に購入し、バッテリーが限界か。

我が家の掃除機は、ダイソンのコードレス掃除機。

 

これを使い始めてからは、普通の掃除機を使っていた時の煩わしさが・・・

 

Dyson digital slim DC45MH

新品価格
¥34,480から
(2017/9/12 09:14時点)

 

コードがないだけで、こんなにも掃除が楽しくなるのだろうか。

そう思うぐらい、掃除自体が楽しくなった。

 

コードレスなので、片手で持ってスイスイ掃除できる。

機動力抜群で、階段や部屋から部屋へと、移動時のコードを変えたりする手間もない。

 

ただ弱点がある。

 

バッテリーの劣化による使用時間の低下

 

バッテリーに寿命が来ているようだ。

 

 そんな中、スティック型掃除機が人気なのだそう。 

headlines.yahoo.co.jp

 

我が家のダイソンは、一度の充電で5分ぐらいしか持たなくなった。

 

バッテリーの劣化につながった失敗もある。

 

バッテリーを長持ちさせるのは、完全放電させることなく、こまめに充電をすることが、ポイントらしい。

 

この辺は、ダイソンを購入するときに店員さんから、バッテリーのことについて説明を受けた。

 

その完全放電を1年に1回程度。

それで、5年持てばいい方なのかもしれない。

 

中古を購入しようなんて方はいないとは思うが、絶対にやめたほうがいい。

バッテリーの使用状況によっては、数ヶ月でダメになる可能性がある。

 

話は変わるが、日産の新型リーフが発売される。

headlines.yahoo.co.jp

 

この電池も劣化することを考えたほうがいい。もちろんプリウスも。

ハイブリッドと言われている車は、だいたいバッテリーが命。

そのバッテリーが寿命を迎えれば、ハイブリッドでもなんでもなく、ただの車、しかも余計なバッテリーを積んでいる。

 

個人的には、電気自動車の類の中古車は絶対に買わない。

と言うより、車なんてなんでもいいので、安全で安ければ安いほどいい。

 

話は戻って、掃除機だが、そろそろ買い換えようと思っているので、充電の性能を基準に検討してみようと思う。

 

昔よりは、安価になっているし、種類も多くなっているようなので、検討が楽しみ。