四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

Unityで楽しくゲームクリエイト。妄想だけでは何も生まれない。

Unity関連の書籍をまた購入してしまった。

 

f:id:o8g:20171101185004j:plain

f:id:o8g:20171101185019j:plain

 

 

 f:id:o8g:20171101185035j:plain

 

f:id:o8g:20171101185051j:plain

 

これで、6冊目。

ちょっと買いすぎの感がありますが・・・

 

買って満足してしまうのは避けたいところなんですが、満足しちゃってる自分がいます。

ざっと目を通して見ましたが、やはり最新の本が一番参考になりそう。

 

ただ、今後のオリジナルゲーム作りで役に立ちそうな項目が、いくつもあって買ってよかったなと。それにしても、2Dに関するものばかり。

 

そもそもゲームを作りたいという動機の一つが、今の主流のゲームでは、楽しめない私。

自分でレトロなゲームを作ろうとしたのがきっかけ。

 

少しずつゲームを作り始めましたが、こうしたい、あーしたい、そんな考えばかりが先行してしまっています。

 

 

私の小学生時代に誕生した、ファミリーコンピューター。

時間が経つのも忘れて、夢中でプレイしたものです。

 

一番最初に徹夜にまで追い込まれたゲームは、スパルタンXです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

当時、小学2年生だったと思うのですが、徹夜してしまいました。

各ステージのボスが個性的で、次のステージに行くのが、楽しみでした。

最終面のミスターXに負けて涙した記憶があります。

いやー、懐かしい。

 

 

そして、中学生時代、ゲームセンターで、お小遣いの全てを投入していた、ファイナルファイト。

ソドムに1万円ぐらいは、カツアゲやられた記憶があります。

 

www.youtube.com

 

スーパーファミコンで登場してからは、一日1回クリアしてました。日課になっていました。1時間ぐらいかかってクリアしていた記憶があります。

こちらの動画でも40分ですから、そのくらいでクリアはできるんですよね。

 

単純ですが、面白い。そんな、スパルタンXやファイナルファイトのようなゲームを作りたい。

 

 

Unity関連本は、色々と妄想を掻き立てられますが、妄想だけでは何も生まれません。

アイデアを考えるのはいいかもしれませんが、それを形にしなければ。

 

スパルタンXやファイナルファイトが、私の原点見ないなもの。

最終的にはこのくらいのゲームを作って見たいんですが、できるものなのか。

 

とりあえず、書籍に掲載されているサンプルをガンガン作っていこうと思います。

 

年内に1本作る目標です!

 

実践あるのみです。