四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

ライターの才能がないようで・・・からの禅への誘い。

在宅ワークで稼ぐことができるのは素晴らしいと思いまして。 

 

家に居ながらにして、収入を得るという、そんな生活をしてみたいと憧れてしまいます。

ライターとしての才能があれば、そんな生活もできるのかもしれません。

 その才能が、私にはあるのか? 

 

ということで、サグーワークスのプラチナライターのテストに挑戦!

 

 

 その結果・・・

 

ダメでした〜

 

ダメでしたというか、そもそもテストを送信するまでに至りませんでした。

 

テストの後半で、家庭用脱毛器のコラムを2,000から3,000文字の記事を作ってその内容で合否を判定されるというものがありました。

 

まあ、チャレンジしてみないことには、良いも悪いもないので、やてみるかと挑戦しました。

 

が、家庭用脱毛器について、2,000文字を書くことができませんでした・・・

 

やっと書き上げた文字数は、1,000文字でした。

半分でギブアップです・・・

 

プラチナライターの方、尊敬します。

 

私には無理でしたが、書くのが得意な方には、良い報酬になるのではないでしょうか?

 

自信のある方は、ぜひ挑戦してみてはどうでしょうか?

プラチナライターになる方法を教えて欲しいとも思いましたが、私は諦めることにします。

サグーライティングはこちらです。

文字単価1円以上!ライティングの在宅ワーク  

 

私は好き勝手書いているのがあっているのかもしれません。

 

最近は、禅について色々と調べたり読んだりしています。

その中で、良寛のお話の中で、良寛は子供と一緒に遊ぶのが好きだったようです。

その理由は、子供は遊びに真剣に取り組むから。

遊びに何も求めないというか、ただ楽しいから遊ぶ。

 

その行為に損得も何かのためという気持ちもありません。

ただ楽しいからやる。

 

私も子供の頃を思い出しました。

遊びに夢中になっている時って、何か他の為になるとか余計なことを考えていません。

 

その子供の時に感じた、遊んでいる時の気持ち。

そして、今の自分が何かをやるときの気持ち。

 

今は何かをやる時に、自分への成長だの報酬だの、誰かのため、そんなことを考えて行動してしまって居ます。

 

自分に由っていない。

 

自由がない。

 

自由になろうと思います。

 

禅て良いですね。