四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unityでゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

今になってPS3のスカイリムにハマる。ハンター生活

ミニファミコンやスーパーミニファミコンが発売され、購入しようかと思い、店頭へ行くもどこにも在庫がない。

ネットでも定価より高くなっている始末。

 

そんなことなら、古き良き時代のゲームはいくらでもあるわい!

ということで、自分の中でのもう一度やりたいゲームを振り返った。

 

ブックオフやゲオあたりで物色していると、そうだこんなゲームあったなと。

 

記憶が蘇る。

 

数年前にオブリビオンが面白く、ハマった記憶がある。

 

オブリビオンの他にはデモンズソウルの難しさに辟易していた。

デモンズソウルは難しかったが、あのなんとも言えない雰囲気と、もう一度やればクリアできるかもという期待感と行けそう感が、なんとも楽しかった。

 

デモンズソウルの続編のダークソウルもとても面白かった。

デモンズソウルよりは、簡単だったように思う。

 

そんな中で、オブリビオンの続編? ともいうべきソフトが登場した。

当時はあまりゲームをしていなかった時期で、やりたくなったら買おうかなと。

The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition【CEROレーティング「Z」】 - PS3

新品価格
¥4,980から
(2017/11/23 09:42時点)

 

発売から数年経過し、中古で買えばかなりのお得感がある。

最近思い立って、購入した。

近所の中古ゲーム屋さんで500円。ワンコインである。

 

さてさて、早速プレイしてみると、オブリビオンからかなり進化している。

 

ひとまず剣士でプレイして見たけれど、メインのクエストを淡々と進めるのはやめようと、魔法にしようかなあとキャラを作り直し。

 

で、魔法を使うと従者が巻き込まれて、誤爆で従者を殺してしまうこと数度。

 

これは楽しくない。

 

ということで、またまたキャラ変更。

 

剣士以外で考えると、弓はどうなのか。

ネットでも色々検索すると、なかなか楽しそう。敵と戦うだけではなく、動物を倒して生活するハンター生活なんてのも良いではないか。

 

ということで、スカイリムの世界で一番の弓使いを目指して楽しんでいる。

 

おかげで、最近は眠りにつく時間が遅くなっている。

先日も深夜2時まで止まらなかった。

 

そのうち飽きるとは思うが、今のところは中毒になっている。

これって、本当に恐ろしいゲームなのかもしれない。

 

自分で世界観を設定して、それを行動していく思いしろさ。

主人公が少しづつ成長していく面白さ。

 

そして、発売からしばらく経ってのプレイで、情報が取りやすいこと。

ストレスのありそうなことは、どんどんネットで調べて進める。

これがオヤジボーン流のスタイル。

 

調べたくなったら調べる。そうじゃなかったら適当にプレイ。

 

とりあえず、落ち着いたらメインクエストを進めて、1回ぐらいはクリアしてみようかな。

 

そんなこんなで、久しぶりに起動したPS3。アーカイブスの充実ぶりも驚いた。

グラディウスや天地を喰らうあたりは購入の誘惑がものすごく、おそらく誘惑には勝てない気がする。 

 

ミニファミコンやスーパーミニファミコンを購入するよりも、アーカイブスで十分楽しめる気がする。