四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限MEC食、プログラミング、Unity、ゲーム、読書、エッセイ、ニュースに一言。

即日即今。今という時間を生きるのが難しい。無門関を読んで。

最近すっかりハマっている禅。

 

私は子供の頃から、日本的なことや仏教的なものが大好だった。

畳が好きで、和室にいると和むなあと、ジジ臭い子供だったかもしれない。

 

和室にあったのは、仏壇。

和室が好きとなると、そこにある仏壇にも目が行き、仏壇の美しさに好奇心を持つことになり。

そうなると仏教にも興味が湧き、子供だったので、手塚治虫のブッダを読んで感動した記憶がある。

 

そんな子供時代があってからか、禅に対して強烈な興味を湧いたのかとも考える。

 

いろいろと書籍を読んだのだが、無門関を読むという書籍がお気に入り。

無門関を読む (講談社学術文庫)

中古価格
¥532から
(2017/12/16 09:29時点)

 

禅では、即日即今を良しとする教えがあるようで。教えという言葉が適切かどうかはわからないが、今の所は教えとしておく。

 

で、無門関の中の趙州洗鉢という公案がある。

 

趙州禅師はある僧が、

「私は新参の雲水です。どうか老師ご教示を」

といったので、

「おまえ食事はすましたか」 

と言った。僧が、

「すましました」

と答えると、禅師は言った、

「それなら椀を洗っておけ」

その僧は、ハッと気がついた。

 

腹が減ったらご飯を食べる。疲れたら休む。

 

この当たり前なことをできていないのではないか。

 

腹が減ったご飯を食べる時、食べることができているのか。

 

朝ごはんを食べながら、今日は重要な会議があるから憂鬱だなあとか、ご飯を食べた後は買い物に行って、とか、いろいろ考えながら食事をする。

 

ちっとも美味しくない。

 

食事をする時は食事をする。

 

疲れた時も、もう少し頑張ろうとか、他の人は休んでないから休めないとか、休んだとしても申し訳なさなんかを感じたり。

 

ちっとも休めていない。

 

休む時は、全力で休む。

 

やっと入り口に来て、一歩前へ踏み出した感がある私。

 

知識を得ることはできても、実践することは難しい。

 

この実践して体験することが大切。

 

邪な考えをやめて、食べて寝て、糞尿をして。

今、この書いている時にトイレに行きたくなる。

・・・

 

ただいま戻って書き始める。

以前では、トイレで用を足しながら、記事のことを考えたりもしていた。

が、今は全力で用を足してきた。

 

と言っても勢いよく尿を出したわけではない。

あれこれと考えず、用をたす行為をしてきた。

 

これが、なかなか難しい。