四十路だけど ばかやろう

40歳のおっさんブログ。挑戦の記録。糖質制限、IPO、転職したい、エッセイ、ニュースに一言。

Appleからのアカウント停止メール、と思いきや、迷惑メールかい! 迷惑メールへの対策

先日、Appleからメールが届きました。

まあ、なんか怪しいなと思っていて、無視していましたが、何通かめにアカウントを停止したと。

 

これには流石にビビりました。

アカウント停止された友人の話を昔聞いたことがあって、すごく面倒だったと言っていましたので。

 

とりあえず、Appleのサポートページからログインしてみると、ログイン成功。

 

おいおい、迷惑メールさんよ、やってくれるじゃない。

少し驚いてパソコンを急いで立ち上げたこの気持ち、慰謝料でも請求できないのかしら。

 

 

 

迷惑メールの内容

今回、一番ビビったメールがこちらです。

f:id:o8g:20180609092504p:plain

 

これでビビったってことで、被害届出しても、警察受理してくれないのかな。

 

こんなメールを送る人ってどんな人なんだろうか。

 

アドレスの確認が一番

迷惑メールが来た時に、Appleのサイトにいったりとかしたけど、一番いいのは、アドレスの確認ですね。

 

今度迷惑メールが来た場合は、メールアドレスの確認をしようかと思います。

 

今回の迷惑メールアドレスは、

f:id:o8g:20180609092810p:plain

ドメインが、rikunabi.com

Appleからのメールなのに、rikunabi.com

なんでやねん!

 

Appleからのメールがちょうどあったので、確認してみると、

f:id:o8g:20180609093216p:plain

やはり、ドメインが、apple.com

 

迷惑メールかどうかの確認は、アドレスを確認するのが一番良さそうです。 

 

そもそも、この迷惑メールというものを根絶やしにできないものか。

バレたらものすごくリスキーなもので、かつバレやすいってことにならないものか。

 

迷惑メールの情報提供を受け付けている

今のところ簡単にできるのが、情報提供です。

www.dekyo.or.jp

 

メールを転送するだけでしたので、今回きたメールを全て情報提供しました。

 

どれだけ効果があるのかはわかりませんが、なんとか今後被害が少しでも減るように、少しでも役に立てればいいのですが。

 

 まとめ

Appleを装った迷惑メールへの対応策は、アドレスの確認と情報提供しかないのが現状かもしれません。

 

Appleアカウント停止メールのようなものが来ましたら、落ち着いて対応しましょう。

 

一応不安な方は、正規のAppleサポートページでログインしてみるのがいいのかと思います。

 

サポートページはこちらです。

https://appleid.apple.com/#!&page=signin

 

ちなみに、迷惑メール本文のリンクをクリック。

f:id:o8g:20180609094938p:plain

詐欺ですよとの警告が。

色々と対策をされているようですが、気をつけましょう。